赤ちゃんの予防接種のスケジュールを立てる

赤ちゃんにとって早いうちから予防接種を受けることは、病気にならないための大切なことです。ポリオやBCG、三種混合など受けなければいけない予防接種が続きます。ましてや接種できる月齢も決まっているので、その時期に受けさせたいと焦ってしまいます。でも自分で予定を組んでいても、突然風邪を引いたりして受けさせられないと、焦る人もいます。しかし、接種時期は長いことをよく見ておいて下さい。早ければ早いにこした事はないし、病気も防げます。でも焦る必要はありません。よくこの時期に接種しないといけないと焦る人も多いですが、その時出来ないだけで、次の機会もあります。自分なりのスケジュールが崩れてしまったなら、病院の先生に聞くのも良いでしょう。どうしても予防接種は間隔をあける必要が出てきますので、長くかかるケースもあります。でも余裕を持ってスケジュールを組んでおくと気持ちにも余裕が生まれます。

赤ちゃんの予防接種のスケジュールを立てる目安

赤ちゃんは予防接種が多くて、しかも接種する時期が決まっています。予防接種は大まかに二種類に分かれます。ひとつはポリオや麻疹など、乳幼児期に接種を済ませておけるもの、もう一つは小中といった就学期間にも摂取しなければならないものがあります。後者のものは就学時に学校などから通知が来るのでそれを目安にしてもらえます。前者のものは子供がいつごろから集団生活に入るかによって、スケジュールを考えてください。たいていの予防接種は、接種が認められている期間が5年から七年間ほどありますので、その間に受けたらいいのですが、理想は幼稚園や保育所に入る前に済ませておく方がよいです。入所を早めに考えている場合は、生後三か月あたりから接種可能なものがありますので、直ぐにうち出してください。予防接種の間はあけなければならない期間がありますので、それを見越してスケジュールをたててください。

赤ちゃんが生まれたら予防接種のスケジュールを!

赤ちゃんが生まれたら、予防接種のスケジュールを立てましょう。月齢が小さいうちは、さまざまな予防接種を受ける必要がありますので、計画的に進めることが大切です。特に入園前は予防接種の時期が次々とやってきますので、接種できる時期がきたら早めに受けることを心がけましょう。またワクチンによって接種の回数や接種間隔が違うので気をつけて受けなければなりません。お住まいの自治体によっては集団接種で受ける日にちが決まっているものもあります。一年に一回などの場合もありますから、そういったものは優先的にスケジュールに組み込んでおきましょう。ワクチンによって、無料・有料・任意接種など種類がありますので、母子手帳などを参考にしてください。予防接種の予約をしていても、当日になって子どもが体調を崩してしまうこともあります。余裕を持って、考えることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です